映像データを価値ある情報へ

当社は米軍基地をはじめ、官公庁、自治体、法人、マンション管理組合、
個人宅等、年間1,200案件に及ぶ数多くのお客様に防犯カメラのシステムを導入、
さらには施工後の保守メンテナンスに至るまでノンストップでサービスのご提供をしてまいりました。
そこで培った個々の現場に必要な機材のご提案や技術ノウハウを活かし、
最新のセキュリティ技術を使ったシステムのご提案を行っております。

顔認証システム

要注意人物や、VIP顧客、なりすましなど、事前に登録されている顔画像との照合により、よりセキュアな体制を築くことが可能になります。

自動追尾システム

不審者の侵入時や、不審な動体を検知した際に自動追尾を行い、顔までフォーカスして人物特定を助けます。特に技術情報・個人情報が扱うビジネスに取り入れられています。

どんなことを解決できるのか?

先進の画像解析技術により、監視カメラ映像に映った人や動体により検知、発報するとともに、PTZカメラによる自動追尾を行います。 2台以上使用することで対象物の追尾をカメラ間で連携して撮影をすることもできます。(自動追尾連携機能)これにより、大型の施設内でも対象の人物を見失うこと無く、追跡することができます。

最適な導入箇所などについて

監視員の代わりに屋内外の侵入者や盗難、不審物などを24時間監視します。不特定多数の人が出入りする環境では、今後、導入が当たり前になります。実際に、欧米では一般的に用いられている技術です。 日本国内では、特に大型商業施設や病院などでの需要が高まっています。

顔認証システム

要注意人物や、VIP顧客、なりすましなど、事前に登録されている顔画像との照合により、よりセキュアな体制を築くことが可能になります。

どんなことを解決できるのか?

防犯カメラで撮影した画像から来店客の人相をデータベース化します。その情報から要注意人物の来店を素早くAIが識別し、店舗スタッフや警備員に周知することが可能になります。また、これにより警備上の労務コストや効率も改善します。
また、要注意の人物に実際に記録している旨を伝えることができる場合は大きな犯罪抑止効果も発揮します。

最適な導入箇所などについて

1台のカメラで同時に5人を認識できるため、入り口など動線の集約箇所に設置するとデータベース作成がはかどります。また、入り口付近に設置することで要注意人物の来店と同時の通知が可能になります。

導入事例

学習塾の防犯・不審者対策として、登録者の照合が可能な監視カメラを導入しました。

年齢性別判定システム

小売店や商業施設など、正確な来店者分析を行うために導入されています。映像情報から性別・年齢層等の属性を分析し、従来は出来なかった解析から新しいプロモーションの立案等が可能です。

どんなことを解決できるのか?

従来は分析が難しかった非購入ユーザーの属性分析を行なう事ができます。来場・退場者数もリアルタイムに計測が可能です。
目視で入退場数や属性を調査する場合、人により精度が異なりますがAIが性別・年齢の判断を行なうため均一な精度が保証されます。
また、人力での調査が長期間に及ぶ場合は膨大なコストが必要ですが、防犯カメラであればコストを抑える事ができます。

最適な導入箇所などについて

小売店などの来店型のショップなどでの購入に至る前の見込み客層を探るマーケティングへの活用が期待されます。

置き去り認識システム

映像分析機能で、置き去りや、置き引きなど、ルールに従った検知を行うシステムです。

どんなことを解決できるのか?

監視カメラの映像と各種センサーを組み合わせて利用し、侵入者の検出や置き去りなどの不審行動の検出を正確に行い、高度な遠隔映像監視を実現します。危険物とおぼしき不審な荷物や動向のおかしい人物などの存在をAIが識別し、すぐにモニタールームに通知します。

最適な導入箇所などについて

テロの対象となりやすい空港や、不特定多数の人が出入りする病院、イベント会場などでの利用による効果発揮が期待されます。

ピープルカウント

顧客や訪問者の人数の計測が可能になることで、マーケティング及びプロモーション活動の評価と向上や、業務の最適化が可能です。

どんなことを解決できるのか?

設置されたカメラを用いて、人の入退場をモニターします。入場と退場をAIが判断しますので、正確な動員数のカウントが可能で、同時に多数の人間を判別可能。かつAIが瞬時に対象者の年齢や性別なども判断識別します。

最適な導入箇所などについて

人の手では正確なカウントが難しい大量かつ同時の処理が可能なので、イベント会場や大型商業施設などでの正確な動員数やマーケティングが可能です。

車両ナンバー認識システム

車両のナンバーを瞬時に読み取り、データベースと照合。車両の通過、進入を把握できます。

どんなことを解決できるのか?

設置された防犯カメラで自動車のナンバープレートを瞬時に読み取り、データベースに照合し蓄積します。
ナンバー画像は高度な画像処理システムにより瞬時にテキスト情報に変換され、データベースに照合をかけます。またあらかじめ登録されたナンバーを検出することも可能なのでセキュリティ目的や、またナンバープレートに記載された陸運局の地域名からマーケティングに活用することも可能です。

最適な導入箇所などについて

大型駐車場をもつ施設でのマーケティングやセキュリティなどで大きな効果が期待できます。

荷役作業・倉庫管理システム

基幹システムと、荷物の位置情報や、荷物情報を監視カメラと連携をすることで、現場での人手によるチェック作業の負荷を減らし、管理を効率化します。

どんなことを解決できるのか?

基幹システムをデータ化し、荷物に関する情報と共に監視カメラと連携します。現場での作業も連携されたタブレットを行うので、システムへの入力による作業ミスを軽減し、その場で処理をスピーディーに行いながら、作業情報のエビデンス化を実現します。
また、監視カメラでは24時間の記録で安心と安全を向上し、荷物の管理や作業・荷物の追跡検索も容易にします。

最適な導入箇所などについて

入出庫が頻繁にあり、状況把握に時間がかかっている中規模以上の倉庫や、荷役作業がある大規模倉庫に設置をするとデータベース作成により、作業が効率化します。

導入例

海運会社様での、人の手による荷役作業をすべて自動化いたしました。これにより大幅な作業効率化・人件費削減につながりました。

お問い合わせフォーム

当フォームはプライバシー保護の為、SSL暗号化通信に対応しております

お名前必須
会社名任意
部署名任意
お電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号任意
ご住所任意
お問い合わせ内容必須
ご質問・ご要望など任意

個人情報の定義

お客さま個人に関する情報(以下「個人情報」といいます)であって、お客さまのお名前、住所、電話番号など当該お客さま個人を識別することができる情報をさします。他の情報と組み合わせて照合することにより個人を識別することができる情報も含まれます。

商標等について

当サイトに掲載される個々の商標・ロゴマーク、商号に関する権利は、当社、また当社に使用を認めた権利者に帰属します。 商標法権その他の法律により認められる場合を除き、これらを当社の許諾得ることなく使用等する行為は商標権法等により禁止されてますので、事前に当社にご連絡の上、許諾を得て頂くようお願い致します。

コンテンツの保証について

当サイトで提供する情報には、細心の注意を払って掲載しておりますが、この情報の正確性、安全性を保証するものではありません。
当社は、当サイトの内容に関するいかなる間違い、不掲載についても一切の責任を負いません。
また、お客様がこのコンテンツをご利用することで万一何らかの損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負いません。
当サイトは、予告なしに当サイトのURL、構成、利用条件等を変更または中止することがあります。

リンクについて

当サイトから、または当サイトにリンクを張っている当社以外の第三者が運営するサイト(以下「リンクサイト」と言います)の内容は、当社が管理するものではありません。
お客様がこれらのリンクサイトをご利用される際は、それぞれのリンクサイトの利用規約等に従ってください。
尚、当社は、リンクサイトの内容について、またこれらの利用により生じた損害について一切の責任を負いません。

個人情報保護について

当社は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規定規定などを尊守します。
また、当社はサイト上で行う事業活動の全てにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用および管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。
当社のサイト内のSSLを使用しているページは、Let's Encryptによって証明されています。
また、Let's Encrypt Authority X3によって通信は暗号化され、保護されています。
当サイトにおける個人情報の取扱いについての考え方をいかに記載します。

個人情報の管理について

当社は、お客様の個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などが起こらないよう適切な安全管理策を実施し、厳重に管理します。
但し、クラッカー等による不当な行為によりお客様および第三者に損害が生じた場合については、当社は責任を負いかねますのでご了承ください。

個人情報の第三者への提供について

当社は、下記に掲載した場合を除き、個人情報をお客様の承諾無しに第三者に提供することはありません。

  1. 個人情報の取扱い業務の一部を社外に委託する場合。但し、この場合は、業務委託先に対し当社が委託した業務以外に個人情報を利用することがないよう、また個人情報を適切に管理するよう契約を締結した上で、個人情報の提供を行います。
  2. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する場合。
  3. 当社や他のお客様、または第三者の生命、身体、財産を脅かす差し迫った危険があり、これを保護する為に必要であると当社が判断した場合。

個人情報の開示について

お客様は当社に対し、当社が管理しているお客様の個人情報を開示するよう求めることが出来ます。
開示したお客様の個人情報に誤りがあった場合は、当社に情報の訂正または削除を要求することが出来ます。
個人情報の提示、訂正、削除を要求される場合またはその他お客様の個人情報に関するお問合わせは、下記のお客様サポートまでご連絡ください。
個人情報等の取扱いについてのご意見、ご質問がございましたら下記お客様サポートまでお問い合わせください。

2018年3月1日制定

以下の内容で送信します。内容を確認し、
「送信する」ボタンを押してください。

お名前必須
会社名任意
部署名任意
お電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号任意
ご住所任意
お問い合わせ内容必須
ご質問・ご要望など任意