映像データを価値ある情報へ

【コラム】これからの警備はロボットにお任せ?!

2019/04/30

  • コラム

1.警備員はロボット

2019年のセキュリティショーで面白い傾向がありました。警備会社がこぞってロボットの展示をしていたのです。人が警備をする代わりに、ロボットがパトロールをします。人が常駐する必要がなくなることは、人権費の削減や、人手不足への対策にもなります。警備の業務は危険が伴いますから、人が警備をするよりもロボットが警備をしたほうがいろいろと合理的ではありますよね。
異常を検知する機能、音声機能で「ただちに退出しなさい」などと警告をすることも可能、防犯システムとの連携も可能ですから、警告と同時に警察へ通報することもできます。そしてその一部始終を全て撮影し録画することができますので、証拠の保全もバッチリです。
これからの警備はロボットが主流になる未来もそう遠くはないかもしれませんね。

キーワードから探す