映像データを価値ある情報へ

【コラム】サーマルカメラの活用事例

2018/09/30

  • コラム

サーマルカメラをご紹介します。
サーマルカメラとは、熱を検知する機能のあるカメラで撮影範囲全体の温度の様子を見ることができます。その映像はサーモグラフィと言われます。人やモノはじつは目に見えない光(赤外線)を発しています。その赤外線を検知して、光の強さによって温度が低いか温度が高いかを色で表現します。
サーマルカメラは、工場や施設などのセキュリティとして活用されます。侵入者があった場合に検知したり、火災などの異常を検知したりします。

 

大型の工場や倉庫などでは、監視カメラとAIによるデータ管理により24時間安全に稼働できるよう管理することが重要です。このようなサーマルカメラとの組み合わせにより、より異常を検知しやすく安全性を追求すれば、他社との差別化にもなりますし、結果コスト削減やスムーズな運営に繋がります。

キーワードから探す