映像データを価値ある情報へ

【コラム】AIによってなくなるかもしれない職業の懸念

2019/02/28

  • コラム

1.AIによってなくなるかもしれない職業の懸念

AI技術によってなくなるかもしれない職業があるそうです。先日、ある地域で自動運転のバスをテスト運用しているというニュースを目にしました。高齢化が問題となっている地域で、車や自転車などを運転できず交通の便も悪いので、買い物や病院に行くような日常生活に苦労している人が多いとの問題点を解決するために、自動運転のバスを運用してはどうかという施策だそうです。このようにAIによって人手不足の解消やコスト削減、効率化が良い結果をもたらすと同時に、それによってなくなるかもしれない職業があり働き口が減少するのではないかと懸念されています。バスの運転手、外科医、警備員、工場の従業員など。人の目で見て人が判断しなければできないこともまだまだ多いですが、AIに学習させることでAIの対応できる範囲が大きくなってくると、実際にAIロボットを配置したほうが人件費よりも低コストで済むという未来がくることも全く考えられないわけではありませんよね。技術開発を進めると同時に、国単位で高齢化、少子化、雇用の問題などをもっともっと早急に対処していく必要がありますね。
さてこれからそう遠くない未来、どのような社会を想像しますか?

キーワードから探す