映像データを価値ある情報へ

【コラム】VR/AR/MR技術とAIセキュリティ

2018/09/30

  • コラム

VRとAR、MR、それぞれの技術開発が進み、実用化される種類が増えてきていますね。
VR→仮想現実のことで、VRゴーグルなどを使用しそれ越しに見た映像は、まるでそこに本当に創造された世界が広がっているようにあらゆる五感を使って体験させるテクノロジーです。
AR→拡張現実のことで、現実世界にCGのような仮想現実を反映した映像を映し出すことができるテクノロジーです。ポケモンGOなどはこれにあたります。
MR→言わばVRとARをMIXさせた技術で、仮想現実を現実の世界に投影することができるテクノロジーのことで、さらに進化した技術です。

このような技術とAIセキュリティを組み合わせることによって、セキュリティ業界の常識が変わると言われています。
例えば、AIセキュリティによる顔認証技術で監視カメラがテロリストなどの指名手配犯を検知し自動追尾します。さらに、そのカメラに搭載されたMR技術が現実世界にその犯罪者の犯罪データを投影することができれば、警備員や警察官だけでなく周りの人々全てにその人物が犯罪者であることが知れ渡ってしまうので、絶対に取り逃がすことができないでしょう。
そのようなシステムが構築されれば、犯罪者は容易に人込みや公共の場に現れることができず、テロなどの犯罪を実行しずらくなります。
このようなテクノロジーの融合による、更なるセキュリティの発展に期待したいですね。

キーワードから探す