映像データを価値ある情報へ

【ご相談事例】保育園のセキュリティシステム強化が進んでいます

2019/01/31

  • ご相談事例

1.保育園のセキュリティ強化の必要性

保育園は、まだお子さん一人で帰れないので保護者が送り迎えに来て引き渡しますよね。しかしながら、近年ではライフスタイルの変化から、おばあさまやおじいさまが送り迎えをしたり、ベビーシッターさんがお迎えに来たり、親戚や身内の方が代わりに送り迎えをする場合があります。ところが、本当にその方にお子さんを引き渡しても良いのかどうか確認をしなければなりませんよね。その確認方法が保育園での課題となっています。例えば、離婚をした父母のうち親権を持たない方が無断でお迎えに来て連れて行ってしまい問題になるというような事例も多くあります。また、まったく知らない人でもあの手この手で連れ出して誘拐してしまうなどという事件は絶対に防がなくてはなりませんし、不審者が侵入することも防がなくてはなりません。ですから保育園のセキュリティは従来の防犯カメラの設置や人による警備だけではなくさらに強化する必要があるのです。

 

2.顔認証で本人確認を

そこで、宮城県のある自治体ではその市内の保育園全てに顔認証カメラを設置する政策を進めているそうです。事前にお迎えの可能性のある保護者を登録し、その保護者が迎えに来ると顔認証で承認され入り口の鍵が解除される仕組みです。未登録の者が入ろうとすると、鍵も解除されませんし、不審者としてアラートが警備や管理者に通知されます。
これで、より強化されたセキュリティ対策をすることができるので全国の保育園や幼稚園など学校や施設で普及されることを期待します。

キーワードから探す