映像データを価値ある情報へ

【ご相談事例】品切れ検知

2019/04/30

  • ご相談事例

1.品切れ検知機能

品切れ検知とは、カメラで撮影している範囲内の売り場に陳列されている商品が無くなったら(変化があったら)アラートを出すことのできる機能です。
商品が充分に補充されている状態で登録をします。その状態が変化したら、つまり商品が減ったり無くなったりしたら、アラートが出るので、その場所に確認に行かなくても商品補充をすることが可能になります。店内スタッフによる定期的な見回りが必要なくなりますし、スタッフによって補充判断のばらつきがあるということも無くなります。人件費の削減や、サービスの向上に繋がります。
以前、最新技術としてこちらに掲載したところ、お問合せをいただきました。大型スーパーを運営されている会社様ですが、作業の効率化と、人手不足対策として非常に魅力的だとおっしゃっていただきまして導入をご検討されていらっしゃいます。

キーワードから探す