映像データを価値ある情報へ

【ご相談事例】AIによる部品判別アプリ

2018/10/25

  • ご相談事例

1.ご相談内容

食洗機を製造販売されているメーカー様よりご相談がありました。
後付けの食洗機は、取り付ける先の水道の蛇口によって使う部品が違います。その為、食洗機の注文が入っても事前にお客様のご自宅に伺い水道の蛇口を確認しなければなりませんでした。非常に効率が悪く人件費もかかってしまいます。その確認を、AIを利用することで作業員が現場に伺わなくてもすぐに確認できるようにできないかとのことでした。

 

2.ご提案

AIを利用した専用アプリを開発することで、全国どの地域でもすぐにご対応できるようにしてはいかがでしょうかというご提案をさせていただきました。
開発した専用アプリをお客様の携帯にダウンロードしていただきます。携帯のカメラで蛇口を撮影し、登録。その画像をAIが自動解析します。すると、必要な部品や対応する食洗器をAIが自動で判別してくれるというメーカーの為のアプリです。お客様は、すぐに取り付け可能な食洗器がわかり在庫や納期なども確認ができますのでサービス向上に繋がります。メーカー側も、まず蛇口を確認する為の予定を調整してご訪問という時間とコストと手間が省けるようになるので効率化が可能です。
このようなAIを利用した画像解析は他にも様々なソリューションとして活用することが可能です。

キーワードから探す