映像データを価値ある情報へ

【導入事例】人物認証

2018/11/29

  • 導入事例

1.人物認証とは

人物であると検知するには、頭、胴体、手、足、目などのパーツや形で人と判断します。
人物認証機能のあるカメラで撮影している範囲内に、人と判断できる”人”が入った場合、検知しアラートを出すことができます。

 

2.導入事例

電車の踏切で、人物認証検知のあるカメラが導入されています。
踏切での事故は後を絶ちません。
踏切にカメラを設置。電車が近づいている時に人が立ち入っている場合、電車の運転士や関係各所に連絡がいきます。通報により電車の速度を落としたり、警備員や警察が駆け付けたり、事故を未然に防げるとして普及が期待されます。
他にも、立ち入り禁止の敷地内に人が立ち入った場合にアラートを出すことができますので、人がいない場所や夜間の工場、資材置き場などの防犯対策として有効な機能です。

キーワードから探す