映像データを価値ある情報へ

【導入事例】介護施設での顔認証カメラ導入

2018/10/25

  • 導入事例

1.課題

1.課題
介護施設のお客様よりご相談をいただきました。
様々なケースに対応できるようセキュリティ強化をしたいとのことでした。
介護施設では、認知症の方による徘徊防止の対策に取り組んでいます。
鍵を閉めて誰も出られないようにしてしまうと監禁となってしまいますし、24時間出入口を監視するにはスタッフが不足していました。
また、スタッフのいない時間を狙って外に出てしまうという問題も多発していました。非常に危険ですし、ご本人の為にもどうにか解決しセキュリティ面での強化を図りたいとのご相談でした。

 

2.顔認証カメラとアラートで外出にすぐ対応!!

顔認証カメラの設置をさせていただきました。
事前に、施設入所者の顔写真をシステムに登録します。出入りが可能な出入口全てに顔認証カメラを設置させていただきました。
入所者が外に出ると、スタッフと警備にすぐにアラートが届きます。その為、すぐに徘徊に気付くことができ対応することが可能となりました。
人権を守って、ご本人の安全も守ることができます。
それから、登録していない人物の出入りもアラートを出すことができますので不審者の出入りなども管理できます。アラートを出す設定を変更することによって、様々なケースに対応できるセキュリティとなります。

現在、動体検知、顔認証、追跡機能などのAIカメラが開発販売されています。介護施設や在宅介護での福祉サービスとして活用できるAIカメラシステムが増えていますので、多くの現場で普及されています。

キーワードから探す